仙台市青葉区一番町の内科クリニック 青葉通り一番町内科クリニック

内科・呼吸器内科・アレルギー科・循環器内科青葉通り一番町内科クリニック

電話番号 022-302-7025

お知らせ

イネ科の花粉症の季節です。鼻炎、夜の咳はありませんか?

更新:2016.06.12

今年はスギ花粉症が例年になく多く飛散し症状がひどい方が多かったでした。すでにスギ花粉の飛散は終わり、5月上旬からはイネ科の雑草の花粉症が本格化して、今後ピークを迎えています。

イネ科の雑草で代表的なものは、「カモガヤ」と「オオアワガエリ」です。

例年7月いっぱいは、イネ科の花粉が飛散しますので、これらに対するアレルギーをお持ちの方は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけではなく、目のかゆみが生じることもあります。
 6月初めからの鼻炎症状が改善しない方は、風邪が長引いているのではなく、イネ科の花粉症が原因かもしれません。

実際、6月に鼻症状で来院された患者さんで、これらのアレルギーが強く疑われて血液検査を受けられた方には、「イネ科」アレルギーが判明した方がたくさんいらっしゃいました。

アレルギー科専門医の診察を受けると、これらのアレルギーが無いか検査を受けることが出来ます。
 イネ科が原因の花粉症と判明すれば、現在の治療の方針がしっかり立てられるだけではなく、来年以降も花粉症の症状が出る時期が予想できますし、適切な薬を早目に使用することで症状の出現を未然に防ぐことも可能となることがあります。
 診察の際には、薬の処方を受けるだけではなく、原因をしっかり調べることをお勧めいたします。

また日中はほとんど咳が出ないのに、夜の咳、朝の咳が強い方は、アレルギー検査にてハウスダストやダニが原因と判明することもあります。
今回ご紹介したような症状がある時には、是非とも呼吸器科.アレルギー科専門医へ御相談ください

バックナンバー